ロゴ
>オススメ情報>住宅ローンを組んだら確定申告したほうが得!住宅ローン控除を受ける

住宅ローンを組んだら確定申告したほうが得!住宅ローン控除を受ける

貯金箱

住宅ローンを組んで家を建てたときには、必ず確定申告をすることが大切です。得に新築で購入した場合には金額も大きく、控除を受けることによって大幅に負担を軽減することができます。そして、実際に住宅ローン控除は購入費用だけでなく年収などによって金額が決まります。そのため、概算での計算となり納税をしています。そこで、確定申告をすることで多く収めた税金を還付してもらうことができます。実際に確定申告をすると住宅ローンの残高や所得税や住民税によって再計算されて還付されます。ちなみに、住宅ローン控除は10年間となり最大で500万円までの控除となっています。これによって控除されても年間50万円となります。これは、認定低炭素住宅や認定長期優良住宅となっていて、それ以外の一般住宅の場合には10年で最大で400万円となっています。

住宅取得では新築と中古によって控除の条件が異なり、確認をしておくことが必要です。まず新築での条件としては、合計所得金額が3000万円以下である必要があり、それに加えてローン期間が10年以上でなければ適用になりません。そして、登記簿による床面積が50㎡以上でなければならず、条件をみなしていないと適用できません。そして、中古の場合では耐火建築物は築年数が25年以内で、耐火建築物以外では築20年以内でなければなりません。ちなみに、生計を一にする親族から購入した場合は適用外になります。同じように贈与で取得した場合にも住宅ローン控除は適用外になります。もちろん、ローン期間が10年以下の場合にも適用外になるため、確定申告での控除も考慮して住宅ローンを組むことが必要です。

財布